緑内障をおのずと知っていく事で周囲がものすごくよく見える

私たちが目ににしている視界について

わたしたち人間が生活を送っていくに当たって大事なのは視力と聴覚ということになると思われます。どちらもなくしてしまったら普通に生きていくのが難しいということになります。

もちろん、盲聾唖者の方たちだって訓練を積むことによってきちんと生きていくことは可能になるのですが、人生の途中で失明をしてしまうとかなり苦しい思いをするでしょう。

そこで考えていきたいのが緑内障という病気のことになりますが、眼科で検診を受けているとポスターがたくさん貼ってあるので、名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。

ざっくりいうと罹患することによって視野がどんどん狭くなってきたり、いつかは失明をすることになってしまうのですが、恐ろしいのは自覚症状が殆どないということになります。

急性のものと慢性のものが存在しているので、一概には決めつけることができないのですが、後者だった場合には気付いた時にはもう手遅れ・・・。ということも多いのが現状です。

あれ?何か見え方がおかしいかも?と思ったとしても、たくさんの人たちが疲れているせいだな。と決めつけてしまうことによって病状がどんどん進行していってしまうことになります。

定期的に眼科検診を受けてさえいれば・・・!というような後悔を胸に抱いたとしても時間を巻き戻すことは不可能になってしまっているので、自分の愚かさを呪うしかないでしょう。

どうしても仕事が忙しいということになってしまっていると、後回しにしてしまいがちなのかもしれませんが、将来の自分の為ということにもなりますし、油断しないようにしてください。

急性緑内障ということになれば、頭痛や吐き気が突然襲ってくることになるので、違和感を覚えて病院に駆け込むことができるかもしれませんが、重要なのはきちんと眼科に行くことです。

専門外である内科や精神科に掛かってしまっていては、ただのストレスだと判断されてしまうことになってしまうかもしれません。誤診によって人生を棒に振るわけにはいきません。

きちんとしたお医者さんに見て貰ったのに、一向に回復しない・・・。というのならば思い切って別の専門医を訪れるということも重要になってくるので、覚えておくことにしてください。

自分が安全圏だと思わない

生きている限りは酷使を続けていくことになるのが眼球ということになってくるのですが、自分だけは病気に罹らないということを確信してしまっているのが一番良くありませんよ。

特に最近では一日中パソコンと向かい合うような仕事も増えてきていると思われますし、しっかりと予防策を講じておくというのも大事なことになってくるので、準備しておきましょう。

ブルーベリー等の目に良いとされる食品をしっかりと食べたり、サプリメントをきちんと補給することによってリスクを軽減していくことが可能になりますから、気を抜かないようにしてください。

何かが起こってから悔いることになったとしても、後の祭りということになってしまいますから、きちんと自衛をしていくという考え方を持った上で、生きていくことを強くオススメします。

罹患してしまったら

どんなに気を付けていたのだとしても、罹患する確率は0%ということにはならないので、現実をしっかりと受けとめることが重要になるでしょう。何もすぐに死んでしまう病気ではありません。

残念ながら完全に治療することは難しいのですが、進行を限りなく遅くすることは可能になっているので、様々な方法を調べた上で自分にはどのような療法が最適なのかを吟味していくことにしましょう。